桐光の目指す教育

次世代の新しいリーダー、
真の人格者を育成します。

 世の中のどんな場面においても思いやりの心を持ち、人のために進んで動くことのできる「次世代のリーダー」として活躍できる人間を育成する。それが桐光の教育の目的です。必要なことは、考える力と行動する力、それらを根底から支える"自立の心"を育むこと。本校では6 年間の教育を通じて、21世紀をリードする優れた知性と人間性の育成のために「知、徳、体」のバランスのとれたきめ細かな教育活動を実践しています。

伸ばす力を支える「男女別学」

 本校の特色の一つでもある「男女別学」。
 ホームルームクラスや授業は男女別で、言うなれば、同じ敷地の中に男子校と女子校があるようなイメージです。
 授業では、男女の理解のプロセスに応じた適切な教科指導を展開し力を伸ばすとともに、生徒会活動・委員会活動・文化部・学校行事等、一緒に活動できる場面では、目標に向かって男女が互いに協力して活動しています。

詳しくはこちら

中高6ヶ年教育プロジェクト

 1年1年、テーマに基づいた学習を積み重ねて、心身を育み、目標に向け、着実に歩みを進めていきます。
 桐光学園では、中高6年間を一つのくくりとしてとらえ、学年ごとに指導テーマを設定しています。そのテーマに基づいたさまざまな活動を通して、生徒が着実にステップアップできる進路指導を行っています。

詳しくはこちら

大学訪問授業

 大学の先生方を招き、多様な学問分野について、あるいは、学ぶことの意義についてお話しいただき、大学と同じような講義を体験します。
 高校生だけでなく中学生まで多数の生徒が参加しています。大学訪問授業をきっかけに、志望校や学部・学科を決める生徒も多く、いろいろな意味で生徒たちの刺激となっています。

詳しくはこちら