合格・進学実績

2020年の進学実績がまとまりました。

東京大学5名
東京工業大学5名、一橋大学3名
旧帝国大学は10名〈北海道大学3名、東北大学5名(うち1名医学部)、大阪大学1名〉
筑波大学、新潟大学(医)、山形大学(医)
早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学などの難関大学にも多数合格


国公立大学98名、
医学部医学科17名(国内国立3名、国内私立8名、防衛医科大学校1名、海外国立5名)、
早慶上智141名、
MARCH理科大416名

高校40期生(現役生458名)進学の進学実績について daigakugoukaku1.jpg daigakugoukaku2.jpg daigakugoukaku3.jpg

令和を迎えた今年度、高校40期生は入試制度が変わる前年で駆け込み入学を望む生徒が多い中、多くの生徒が合格をつかむことができました。

東京大学4名、一橋大学3名、東京工業大学3名、北海道大学2名、東北大学3名(うち1名医学部)、筑波大学4名、東京外国語大学5名、新潟大学医学部1名などの難関大学合格を含め、計71名の生徒が国公立大学合格を勝ち取りました。

また、早稲田大学40名、慶應義塾大学41名、上智大学42名の合格で、10年以上連続で100名超の合格者数となりました。

さらに、明治大学74名、青山学院大学65名、立教大学42名、中央大学59名、法政大学48名、東京理科大学33名の合格により、こちらは10年以上連続で300名超の合格者数を数えています。

AO推薦入試においては、東北大学医学部、筑波大学医学部(医療科学)、早稲田大学創造理工学部(建築)、慶應義塾大学法学部、上智大学外国語学部(英語)などでも合格者を出すことができました。海外大学への関心も高まり、合格者数も大幅に増えました。

  2020年度合格実績はこちらをご覧ください。