合格・進学実績

東京大学6名(内現役4名)をはじめ国立難関大学に多数合格 国立大学医学部医学科に現役で6名が合格

今春卒業した38期生は私学の定員厳格化による合格者の絞り込みがあるなか、 よく健闘してくれました。国立難関大学には東大4名、一橋大2名、東工大1名、東北大4名、北海道大3名、お茶の水女子大2名など多数現役合格することができました。国立大学医学部医学科にも過去最高の現役6名(東京医科歯科・弘前・秋田・山形・筑波・佐賀)の生徒が合格を勝ち取りました。

その他の国公立大学においても横浜国立大9名、首都大学東京15名、筑波大8名、東京外国語大4名などで国公立大学合計92名の合格がありました。私立大学においては早慶上智の合格数が129名で、なかでも慶應大の合格数は昨年を8名上回る48名の合格でした。MARCH理科大では明治大の84名をはじめ総合格者数は315名でした。

進路指導部長 牛久保孝充

*卒業生総数587名


平成30年度合格実績はこちらをご覧ください。

合格実績詳細