新着情報一覧

『Big Read 2020』優秀賞、佳作を受賞しました。

更新:2021年04月09日

 Oxford大学出版局が主催する、洋書を読み、そのあらすじや感想を英文で紹介するポスターを作成するコンテスト『Big Read 2020』で、中3の高橋優月さんが優秀賞、高2の松浦海斗君と中3の坂本蘭子さんが佳作を受賞しました。また、松浦君は2019年度に受賞した最優秀賞に続き、2年連続の受賞です。

bigread21-1.JPG bigread21-2.JPG bigread21-3.JPG bigread21-4.JPG

始業式

更新:2021年04月07日

本日4月7日 始業式が行われました。

sigyousiki21-01.JPGsigyousiki21-02.JPG

新入生歓迎会

更新:2021年04月07日

今年度はアリーナによる実演は実施せず、各クラスの教室でモニターを使っての新入生歓迎会が行われました。

sinnkann21-01.JPGsinnkann21-02.JPG

第44回高校入学式を執り行いました。

更新:2021年04月07日

令和3年4月4日(日)第44回高校入学式を執り行いました。

高校第44期生は、男子 383 名、女子 220 名、 新入生総数 603 名が入学いたしました。

nyuugakuh21-2.JPG

「生徒宣誓」

桜花爛漫の季節が早くも過ぎ、葉桜が初夏の趣すら漂わせる今日、私達は桐光学園高等学校の第四十四期生として入学いたします。
 コロナウイルスが日本に広まってから約一年となりますが未だ我々に影響を与え続けています。厳しい状況の中、入学式を行えるよう尽力してくださった先生方、私達を高校入学まで導き、支えてくださった保護者の方々に心より感謝申し上げます。そして高校入学式という、一生に残る大事な式を、無事に行うことができて、大変嬉しく思います。
 私達は中学を卒業したと同時に、義務教育を終えました。決まった道を抜けたことで、私達には将来への道を、自分で決めて進んでいくということが今まで以上に必要になります。高校での学習はより大きな意味を持ち、自分の行動はその後の人生に影響しやすくなっていくのだと考えます。つまり、これからの行動には一層の責任が求められます。そうした中で、一歩ずつ大人への階段を登り、自己研鑽に努めていきます。
 新しい学校生活では、レベルの上がった授業や中学とは異なる雰囲気での部活動、互いに刺激しあえる仲間などの新たな経験を得られるものがたくさんあり、期待と不安の混じった複雑な感情になることが多いでしょう。そして、挑戦できることも増えると思いますが、そこには大きな不安が伴うはずです。しかし、挑戦せず、現状に満足することは、楽かもしれませんが、きっとつまらないことではないでしょうか。不安を乗り越え、新しいことに挑戦することで視野が広がり、世界が楽しく見えると思うのです。この初心を忘れず、高校生活では新たなことに挑戦していきます。
 最後になりますが、保護者の方々や先生方、これから卒業までよろしくおねがいします。私達新入生は桐光学園の生徒としての誇りを持ち、日々精進していくことをここに誓います。
令和三年四月四日
第四十四期新入生代表
一年二組 千原丈洸

nyuugakuh21-1.JPG

生徒代表挨拶

第40回中学校入学式を執り行いました。

更新:2021年04月07日

4 月 4 日(日)第40回中学校入学式を執り行いました。

nyuugakujh21-0.JPG

中学校第40期生は、男子268名、女子158名、新入生総数426名が入学いたしました。

nyuugaku21-02.JPG

生徒宣誓

「宣誓」

私たちは本日、桐光学園中学校第四十期生として入学いたしました。

私たちの気持ちは、うららかな陽射しに輝く若木のように、新たな学園生活への希望に満ちています。

今日のこの気持ちを忘れずに、先生や先輩とともに学習や行事、クラブ活動に思い切り参加し、

充実した学園生活を送り、目標の実現のため、一生懸命努力することを誓います。

nyuugaku21-01.JPG

オンライン輝緑祭(=文化祭)

更新:2021年04月03日

2020年度は、コロナ感染拡大防止対策のため、輝緑祭(=文化祭)を実施することができませんでしたが、高校2年生は、動画を作成し、オンラインにより文化祭を行いました。
その代表作の一つ(連作)をご紹介します。
WEB説明会・学校PVのバナーからご覧いただけます。

「Fravent 4月号(田園都市版・港北ニュータウン版陽春号)」に掲載されました。

更新:2021年04月02日

生活情報マガジン「Fravent 4月号(田園都市版・港北ニュータウン版陽春号)」に学校紹介・説明会情報などが掲載されました。「Fravent 4月号(田園都市版・港北ニュータウン版陽春号)」は、川崎市宮前区や横浜市青葉区・都筑区などで配布され、本校も参加する「子どもまなびビフェスタ(5月2日多摩センター・5月9日武蔵小杉)」、「私立中高フェスタ(6月26・27日あざみ野、7月10・11日武蔵小杉)」の主宰元が発行しています。ぜひご覧・ご見学ください。

Fraventhyousi.jpgFravent.jpg

「Misumo 4月号」に掲載されました。

更新:2021年04月02日

地元新百合ヶ丘で発行される「Misumo 4月号」に、学校法人桐光学園ファミリー・・・寺尾みどり幼稚園、桐光学園みどり幼稚園、桐光学園小学校、桐光学園中学・高等学校が連合で掲載されました。「Misumo 4月号」は、新百合ヶ丘やたまプラーザを中心に新聞折り込みで配布されています。ぜひご覧ください。

2104hyousi.jpg

2104.jpg

「Misumo annex 陽春号」に掲載されました。

更新:2021年04月02日

地元新百合ヶ丘で発行される「Misumo annex 陽春号」に学校見学などのご案内が掲載されました。「Misumo annex 陽春号」は、小田急線沿線の各駅をはじめとして設置されているラックにて無料配布されています。また、本校も参加する「私立中学相談会㏌新百合ヶ丘(5月9日)」の主宰元が発行しています。ぜひご覧・ご見学ください。

21hyousi.jpg

21.jpg

全国 英語エッセイコンテスト 最優秀賞 受賞

更新:2021年03月18日

1年8組 淡路 大道君が、「第1回 AIC中学生・高校生対象英語エッセイコンテスト」(後援:ニュージーランド大使館、三菱UFJ銀行、株式会社AICエデュケーション)において、最優秀賞を受賞しました。

このコンテストは、〝世界を目指すポテンシャルのある中学生・高校生に、世界の名門大学に通用するレベルのエッセイに挑戦する機会を設ける″〝エッセイを通して、日本の次世代を担う若者が自身の個性・力を世界に向けて発揮する機会を設ける″〝外国語である英語によって、自分の考えを表現する力を試す機会を設ける″という趣旨に賛同した全国の中学・高等学校99校から非常にレベルの高い作品が多数寄せられたものです。

エッセイ全文は、https://aic-oshu.com/aic-essay.html に掲載されております。下記は、その講評です。受賞おめでとうございます!

The writer compares the attitude of New Zealanders and Japanese towards nature and environmental issues. The content is informative, reflective and topical. The standard of English is high.

essay01.JPGessay02.JPG

「サクセス12」に掲載されました。

更新:2021年03月17日

教育情報誌「サクセス12」3・4月号(グローバル教育出版)において、本校の学習プログラムやICT教育について紹介されました。

こちらをご覧ください。

第37回中学校卒業証書授与式

更新:2021年03月17日

2021年3月17日(水)10時より、第37回中学校卒業証書授与式が行われ、男子250名、女子156名、計406名が卒業しました。今年度に関しましては保護者の皆様にはWEB配信でご覧いただきました。

sotugyou-jh21-03.JPGsotugyou-jh21-01.JPGsotugyou-jh21-02.JPG

声の教育社 公式ツイッターに取り上げられました。

更新:2021年03月17日

本校のノベルティについて、声の教育社の公式ツイッターでご紹介いただきました(写真付き)。

リンクはこちら

これらTOKOグッズは、本校の学校説明会でもお配りしております。対面での学校説明会は、来年度も新型コロナ感染対策を徹底しながら、WEB予約制の少人数にて実施する予定です。説明会日程は「2021年度用 首都圏版 中学受験案内」(声の教育社発行)の本校広告ページや本校HPに掲載していきます。

高校男子バスケットボール部 シューティングマシンを寄贈いただきました

更新:2021年03月13日

2月18日、高校男子バスケットボール部は、ウインターカップを協賛していた株式会社モルテン、株式会社ジャパネットホールディングス、及び日清株式会社より、「molten B+」シューティングマシンを寄贈いただきました。

ウインターカップ出場辞退チームに対して、上記3社様の「何かできることはないか」というご厚意がこのような形として実現したものです。

上記3社様には改めて感謝申し上げますとともに、この場を借りて応援してくださった皆様にも御礼申し上げたいと思います。「molten B+」を上手く活用しながら、来年度また同じ舞台に戻って来られますように頑張りたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。

basketball21-02.JPG basketball21-03.JPG

第41回高等学校卒業証書授与式

更新:2021年03月06日

2021年3月6日(土)(男子:10時、女子:13時30分より)、第41回高等学校卒業証書授与式が行われ、男子388名、女子209名、計597名が卒業しました。今年度に関しましては保護者の皆様にはWEB配信でご覧いただきました。

sotugyou21-01.JPG sotugyou21-03.JPG sotugyou21-02.JPG

卒業生挨拶(男子)   

一雨ごとに寒さも緩み、穏やかな春の兆しがみられるようになりました。コロナという大きな壁がありながらも、本日、卒業式を開いて頂き本当にありがとうございます。配信をご覧頂いている保護者の皆様、本日はこのような形になりながらも、見守って下さり、卒業生一同、感謝しています。

さて、この三年間を振り返ると本当に様々なことがありました。春の温かさが感じられ、それぞれの思いを胸にして迎えた入学式。考え、協力し、やりがいを感じられた輝緑祭。クラスの団結力を高めた体育大会。先生方や友達の新たな一面を知ることができたスキースクール。他にも、多文化社会に触れ、日本の文化との違いを体験したカナダ修学旅行。様々な行事はもちろん、移ろいゆく日々がとても楽しかったこと。しかし、高校生活最後の年、コロナの影響で、今までの当たり前だった日常が、大きく変化したこと。それでも先生方の感染対策により、友達に会える機会が頂けたこと。これらの様々な想い出は、生涯忘れることのない大切な宝物となりました。校長先生をはじめとして、私たちが三年間、クラスや授業、クラブ活動でお世話になった先生方の素晴らしいサポートで、充実した学校生活を送ることができたことに感謝します。

同級生の皆さん。いよいよ今日で卒業です。これまでの楽しかった日々を思い、こんなにも自慢できる友達ができたことを誇りに思い、とても幸せに感じています。これからは、別々の道を歩んで行くことになります。いつかどこかで再会した際には、今までのことを思い出し、笑って未来のお話をしましょう。そして皆さんにお願いがあります。私たちが学校生活を無事終えることができるのは、深い愛情をもって育ててくれた家族の支えがあったからです。今日家に帰ったらぜひ、自分の言葉で家族に感謝を伝えましょう。

最後に私たちに関わって下さった皆様。今日という日が迎えられたことは皆様のお力添えがあったからです。皆様に恩返しができるように、これからも勤しんで参りたいと思います。本当にお世話になりました。

私たちは、桐光学園、第四十一期生としての誇りを持ち、努力し続けます。今まで本当にありがとうございました。

令和三年三月六日

                      第四十一期 卒業生代表 井上 茂宜

sotugyou21-04.JPG

sotugyou21-06.JPG

sotugyou21-05.JPG

卒業生代表挨拶(女子)

 冬の厳しい寒さもようやく和らぎ、徐々に春の温かさを感じる季節となりました。本日は私たちのためにこのような素晴らしい卒業式を挙げて頂き、ありがとうございます。コロナ禍であるため不安もありましたが、無事卒業式を迎えられたことを大変嬉しく思います。

お忙しい中ご臨席頂きました、理事長先生、先生方に心より感謝を申し上げます。また、リモートでの配信を見て下さっている保護者の皆様、ありがとうございます。

思い返せば3年前、新たな生活が始まることに、不安と期待で胸を膨らませていました。入学当初は少し距離を感じた中入生と高入生も、今ではずっと前から共に過ごした仲間のように感じます。高校生になると、部活や委員会など責任を伴うことが増え、同級生の皆さんと共に成長していることを肌で感じる日々でした。また、行事ごとにクラスメイトや先生方など、多くの人々と関わり、人脈が広がることに大変やりがいを感じる3年間でした。

高校2年生の終わり頃からは、新型コロナウイルスの影響により、分散登校やリモートなど、通常通りの学校生活を過ごすことは出来ませんでした。しかし、学校に登校してクラスメイトと授業を受けることが当たり前なことではなく、とても有難いことだと気付く機会となりました。

卒業するにあたり、感謝の気持ちを伝えたい人がいます。

はじめに、校長先生。新型コロナウイルスの対応に追われながらも、放送やホームページで私たちに元気を与える言葉を伝えて下さったことに心を動かされました。また、SDGsの取り組みなどが、私たちの視野を広げるきっかけとなり、とても感謝しております。

そして、常に私たち生徒に寄り添って下さった先生方。日頃の何気ない会話や受験に関する相談など、どんな時も真剣に話を聞いて下さる姿に救われていました。私たちが間違った方向へ進みそうなときは心を鬼にして叱って下さり、困った時は優しく相談に乗って下さったおかげで私たちは成長することが出来ました。

そして、家族へ。いつも私たちのために働いてくれてありがとう。毎朝お弁当を作ってくれて、お腹を空かせて帰った時は夕飯を用意してくれている、そんな毎日が当たり前のように過ぎていきましたが、とても感謝しています。特に受験期は迷惑をかけることが多かったにも関わらず、ずっと支えて見守ってくれてありがとう。

最後に、楽しい時間も辛い時間も共に過ごした同級生の皆さん、本当にありがとう。高校生の勉強は非常に大変で、月曜日から土曜日まで授業を受け、一日休んだと思ったらまたすぐに月曜日。憂鬱な日もありましたが、友人との登下校や休み時間のたわいない会話が励みとなり、辛いことも頑張ることが出来ました。新な道へ進むことに対する期待がある反面、桐光学園の仲間と離れてしまう寂しさは非常に大きいです。そう思う程、一生付き合っていきたいと思える友人と出会えたことを心から嬉しく思います。

私たちは本日この桐光学園を卒業し、それぞれの道を進むことになります。まだまだ皆さんと笑い合っていたいというのが正直な気持ちです。今後困難に直面した時は、多くの壁を皆さんと乗り越えてきたことを思い出し、新たな道をしっかりと進んでいきたいと思います。そして、今以上に成長した姿で再会しましょう。

本当にありがとうございました。

令和三年三月六日

                      

                      第四十一期 卒業生代表 難波弥月

交通安全講習を実施しました。

更新:2021年03月05日

スタントマンに協力していただき、車と自転車の衝突などの危険性を近くで感じることが出来ました。

anzenn21-1.JPG

annzenn21-2.jpg

annzenn21-3.JPG

annzenn21-4.jpg

annzenn21-5.jpg

annzenn21-6.jpg

annzenn21-7.JPG

教員採用情報

更新:2021年02月26日

  英語科・数学科・理科(化学)・情報科の非常勤講師と理科の実験助手を募集しています。

 

詳細はこちら

入試期間中の学校閉鎖について

更新:2021年01月27日

 桐光学園は2月1日(月)~4日(木)と2月10日(水)~12日(金)に行う中学・高校の入学試験を安全・確実に実施するため1月29日(金)~31日(日)と2月7日(日)~9日(火)を学校閉鎖期間とすることにいたしました。

 事情の如何を問わず、コロナウイルス対策として一切の校内への立ち入りが出来ませんので、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

桐光学園中学高等学校

校長 中野 浩   

高校生模擬裁判選手権で優勝しました!

更新:2021年01月06日

法学研究同好会は、2020年12月19日に行われた日弁連主催高校生模擬裁判選手権オンラインに出場しました。
全国16校が4つのブロックに分かれて戦いましたが、本校は第三法廷に振り分けられその中で、優勝となりました。

■大会結果(第三法廷)
・桐光学園       【優勝】
・愛光高等学校(愛知県)【準優勝】
・西宮東高等学校(兵庫県)
・西大和学園高等学校(奈良県)

クラブ紹介ページは ≫ こちら ≪

2021年度入試『新型コロナウイルス感染防止対策』について

更新:2020年12月22日

文科省及び県私学協会の指針に基づき、感染症予防策を施して入学試験を実施いたします。
受験生・保護者の皆さんが安心して受験できる環境を確保するため、以下のような対応や措置を講じます。ご理解とご協力をお願いいたします。なお、今後の感染拡大の状況や社会情勢の変化により試験実施に関して変更を行う場合には、出願登録メールや本校ホームページでお知らせいたします。

<受験生>
・試験日の2週間程前から発熱・咳等の症状がある場合は、あらかじめ医療機関を受診し、適切な治療を受けてください。
・学校保健安全法で出席停止が定められている感染症(新型コロナウイルス・インフルエンザ・麻疹等)に罹患している場合は受験を控えてください。
・試験当日の朝、必ず検温をし、37.5℃以上の熱がある場合は受験を控えてください。
・入口付近でサーモカメラによる体温測定を行います。その際に発熱症状がある場合、受験できない場合があります。
・入口には消毒液を設置いたしますので手指消毒をしてください。
・水分補給の場合を除いて校内では常時マスクを着用してください。また、受験生と写真照合を行う際には、マスクを外すように指示がありますので指示に従ってください。
・受験教室の受験者数を通常の半分(20名)にし、配置に対しては細心の注意を払います。
・休憩時間には適切な換気を行いますので、体温調節をしやすい服装で受験してください。
・帰国生入試・中学校3B入試・高校推薦入試における面接では、受験生と面接官の距離を十分に確保し飛沫感染防止板を設置いたします。(なお、高等学校の一般入試では面接を実施しません。)
・試験教室の机椅子など備品を事前及び事後に一斉に消毒をいたします。

<保護者>
・付添保護者は受験生1名に対して1名に制限させていただきます。
・保護者控室を例年よりも増設いたします。(図書館・カフェテリア・アリーナ)
・保護者も受験生同様、入口でサーモカメラによる体温確認をいたします。その際に37.5℃以上の発熱症状がある場合には、入校をお断りさせていただくことがあります。
・カフェテリアでの食事の提供はありません。(自動販売機のみ使用可能)
・三密防止のため、今年度は保護者控室での試験問題の掲示は実施いたしません。
・試験終了後、混雑を避けるために、事前に待ち合わせ場所を確認しておいてください。

<塾関係者>
・朝の受験生への応援・激励は今年度は禁止とさせていただきます。

バスケットボール部です。

更新:2020年12月18日

 24日から始まる全国大会ウィンターカップにむけて、麻生区長が来校し、激励を頂きました。区民の皆様や川崎ブレイブサンダーズの選手の皆さんが、書いて頂いた寄せ書きも頂きました。

 校内に展示して、生徒たちに紹介したいと思います。

 区役所の皆さんや区民の皆さんの期待に応えられるよう、全力で頑張りたいと思います。ありがとうございました。

basketball20-01.JPG

《第12回東京国際声楽コンクール》高校3年・卒業生部門が開催されました。

更新:2020年11月11日

二度の予選を通過した44名による全国大会に、本校からは矢野晴義君と加野喬大君が出場。
矢野君は10位と大健闘!そして加野君は最高位の第1位となり、東京新聞賞を受賞しました!

gassyou20-04.jpggassyou20-05.jpg

合唱部が東京混声合唱団の活動に参加しました

更新:2020年11月11日

プロとして活躍を続ける東京混声合唱団が、「合唱の灯を消さない」というテーマで今夏演奏会を開催した際、いくつかの小中高合唱団とともに映像を通して合同演奏をする、という企画を立て、本校合唱部も参加のお誘いを受けましたので、各地の合唱仲間たちとともに映像の中で唱和するという、素晴らしい機会をいただきました。

 昨年度、高校生が念願のNコン全国大会出場を果たし、益々意気が上がるところでしたが、今年は厳しい日常の中にあって、こうした機会に恵まれたことに感謝しつつ、大好きな歌を今後も歌い継いで行くことができるよう、日々新たな気持ちで模索を続け、練習に励んでいます。

gassyou20-03.jpg

加野喬大君コンクール第一位!

更新:2020年11月11日

《第74回全日本学生音楽コンクール》高校声楽部門が、サントリーホール ブルーローズで開催されました。このコンクールは1947年の創設以来、日本のクラシック音楽界に数多くの人材を輩出してきた国内最高峰の学生コンクールです。
 東日本予選を通過した18人の一人として本校合唱部3年生の加野喬大が出場、見事第1位となり、来月11月26日に開催される全国大会に、東日本代表として進出することになりました。更に上を目指して、練習にも熱が入ります。

gassyou20-01.jpggassyou20-02.jpg

令和2年度県高校秋季大会 兼 ウインターカップ神奈川県予選 優勝

更新:2020年10月31日

令和2年度県高校秋季大会 兼 ウインターカップ神奈川県予選で優勝いたしました。

多くの方々の応援をいただき誠にありがとうございました。

選手・スタッフ一同、より一層努力を重ねてまいりたいと思いますので、今後とも応援宜しくお願いいたします。

basketball20-01.jpg

本校生徒、教員が人命救助で表彰されました。

更新:2020年10月14日

中学校3年生齋藤和平君、本校体育科鈴木隆一教諭が人命救助に当たりました。

10月7日、この功績をたたえ、川崎市消防局の石渡英幸麻生消防署長、大塚彰徳庶務係長より表彰されました。次いで、学校法人桐光学園の小塚良雄理事長からも表彰いたしました。

齋藤君は表彰に際し「表彰ありがとうございます。小学校時代に胸骨圧迫やAEDの使用など救助法の講習を受けたことがありました。今回は鈴木先生の的確な指示によって迅速に行動することができ、それが救命につながったと思います。自分が実際に関わることで命の尊さを実感しました。これからも周囲の人々をすぐに助けられるようにしていきたいと思います。」とコメントしています。

鈴木教諭は、本校において教員向けの救命救急法のセミナーで講師も務めるエキスパートです。日本赤十字社救急法指導員の資格を有し、救命ボランティア等に取り組んでいます。「今回の表彰を光栄に思います。救急ボランティアを30年続けていますが、これまで準備・訓練を行ってきたことが、今回すぐに対応できたことにつながったと思います。訓練の大切さを改めて認識するとともに、救急車が来るまでのわずかな時間ではありましたが、私一人ではなく、周囲の人々の助け、支えがあって初めてできたことだと考えています。とても有難く、感謝しています。人命の救助ができたことに安堵し、非常にうれしく思っています。」と述べています。

hyousyou20-3.jpg hyousyou20-1.JPG hyousyou20-2.JPG hyousyou20-4.jpg hyousyou20-5.jpg

「受験生の皆さんへ 学校長より」・「WEB 高等学校 説明会」・「学校PV」を公開しました。

更新:2020年09月26日

「受験生の皆さんへ 学校長より」・「WEB 高等学校 説明会」・「学校PV(紹介ビデオ)ショートバージョン」をアップしました。

画面の「WEB説明会/学校PV」のバナーよりご覧ください。

「受験生の皆さんへ 学校長より」・「学校PV」は「桐光学園公式チャンネル」に「WEB 高等学校 説明会」は「高等学校 説明会動画」にそれぞれアップしております。

PV-1.jpgpv-2.jpg

中学3年生の美術授業作品のインスタレーション展示 「木の葉に遊ぶ分身」

更新:2020年09月16日

中学3年生の美術の授業では、「自分で描いた木の葉の上で自分の分身キャラクターが過ごしている」という作品づくりを行いました。

生徒各自は、作品の作成に際し、以下のようなイメージづくりを行いました。

① 隠れているものを想像しよう

「外からは見えにくいのですが、それぞれの木の葉の片面では、その木の葉を描いた人の分身が思い思いの過ごし方をしています。木の葉しか見えない方向から見る時には、その向こう側に誰かの分身が存在するということを想像してみよう」

② そこにないものを想像しよう

「それぞれの木の葉に細い枝がつながって、その細い枝が集まってだんだん太くなり、太い枝が集まってさらに太い幹になる。それぞれの木の葉をつなぐ、そんな樹の存在を想像してみよう。」

約400人分の生徒の作品を体育館の中で宙に浮くように立体的に飾りました。短い期間ではあったものの、インスタレーション的な展示発表を行うことができました。

一つ一つの個性的で魅力的な作品を約400合わせて中空に展示したことで、とても優雅であるとともに、迫力のある光景となりました。

bijutu20-01.jpg

bijutu20-02.jpg

bijutu20-03.jpg

高校サッカー部 奈良坂君 来季FC町田ゼルビア 入団!

更新:2020年09月12日

高校サッカー部3年 奈良坂巧君が来季J2のFC町田ゼルビアに入団することが決定しました。

9月10日、本校にて契約、その後オンラインで入団会見を行いました。

奈良坂君は昨年インターハイ優勝に貢献、日本高校選抜に選ばれたセンターバックで、来年の活躍が大変期待されています。

桐光学園高等学校サッカー部は、全国高校選手権県2次予選(10月18日)に臨みます。皆様の応援をよろしくお願いいたします。

narasaka20-1.jpgnarasaka20-2.jpgnarasaka20-3.jpg

中学2年生帰国生中村美翔さんがTOEFL Junior® 世界上位7%の優秀成績者として表彰されました!

更新:2020年09月05日

本校にて2月に実施しましたTOEFL Junior Standardにて、中学2年生帰国生中村美翔さんが世界の中高生英語学習者の7%という高いレベルのスコアを獲得しました。

これによって、GOLDランク(Overallスコアレベルの5:Superior、全世界上位7%)を取得、TOEFLテスト開発団体である米国のETSより表彰を受けました。

本校では、本年導入される新テスト対策も視野に入れ、英検だけでなく、TOEFL ITP、 TOEFL Juniorなどを奨励しており、例年、校内で受検することができます。今回、表彰された中学2年生帰国生中村美翔さんは帰国生を中心とした英語特別(取り出し)授業を受けている生徒です。帰国生は全校生徒の10~15%の割合で在籍していますが、帰国生に刺激を受けるように一般生も積極的に英語学習に取り組み、英検などさまざまな試験を受検し、成果を挙げています。

TOEFL Junior®テストにおける、GOLDランクとはOverallスコアレベルの5:Superior(合計スコアで845以上)レベルで、世界の中高生英語学習者の中で上位7%に入ります。「複雑な言葉の構造や語彙に関する知識を活用して、複雑な文章や言い回しについても常に理解することができる」とみなされるレベルです。

TOEFL20-1.jpg

学校長より賞状を授与されました。

TOEFL20-2.jpg

世界の中高生英語学習者の上位7%の笑顔です!

1.jpg

学校長と記念の一枚です。

経済的支援に関する実証事業に係る申請手続きについて

更新:2020年07月13日

~令和2年度 私立中学校に通う生徒への 経済的支援に関する実証事業に関するお知らせ~

制度の内容・申請手順については ≫こちら≪ をご覧ください。

保護者の方々にお礼申し上げます。~マスク・消毒液等のご寄附について~

更新:2020年06月05日

学校再開に当たり、在校生保護者の方々より、マスク・消毒液等のご寄附をいただきました。

全校生徒が3000人を超える本校では、新しい生活様式において、このような必需品をお送りいただきましたことに、厚く御礼申し上げます。

なお一層、新型コロナウイルス感染拡大防止対策に取り組み、生徒の安全・安心な学園生活のために、有効に活用させていただきます。

桐光学園を支えるJリーガーからの応援が届きました。

更新:2020年06月02日

一部報道にもありますように、ジュビロ磐田に在籍する小川航基選手(36期生、平成27年度卒)、そしてセレッソ大阪に在籍する茂木秀選手(37期生、平成28年度卒)から、マスクを寄贈して頂きました。このような社会状況の中、学校生活でも必需品であるマスクは、毎日の生活の中で不足したり破損したりすることもありますので、マスクはいくらあっても十分ということはありません。有難く頂戴いたしますと共に、両選手に改めて御礼申し上げます。

また、リーグの再開に伴い、両選手の一層の活躍を教職員・生徒一同祈念致しております。

桐光学園は、在校生とその保護者の皆様、学校関係者、近隣の皆様、そして両選手が所属する卒業生の団体である「桐光会」、卒業生の保護者の会である「桐友会」など、いわば「桐光ファミリー」によって支えられています。

当時のインターハイ・選手権の写真掲載

ogawa.jpgmogi.JPG

6月1週目の臨時バスダイヤと定期券申込書について

更新:2020年05月27日

6月1週目の臨時バスダイヤと通学バス定期券の申込書が必要な場合は以下をご利用ください。

6月1週目の臨時バスダイヤ 

通学バス定期券申し込み書

2020年度大学合格実績

更新:2020年05月19日

2020年の進学実績がまとまりました。

東京大学5名
東京工業大学5名、一橋大学3名
旧帝国大学は10名〈北海道大学3名、東北大学5名(うち1名医学部)、大阪大学1名〉
筑波大学、新潟大学(医)、山形大学(医)
早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学などの難関大学にも多数合格

国公立大学98名、
医学部医学科17名(国内国立3名、国内私立8名、防衛医科大学校1名、海外国立5名)、
早慶上智141名、
MARCH理科大416名

daigakugoukaku1.jpg daigakugoukaku2.jpg daigakugoukaku3.jpg

高校40期生(現役生458名)進学の進学実績について

令和を迎えた今年度、高校40期生は入試制度が変わる前年で駆け込み入学を望む生徒が多い中、多くの生徒が合格をつかむことができました。

東京大学4名、一橋大学3名、東京工業大学3名、北海道大学2名、東北大学3名(うち1名医学部)、筑波大学4名、東京外国語大学5名、新潟大学医学部1名などの難関大学合格を含め、計71名の生徒が国公立大学合格を勝ち取りました。

また、早稲田大学40名、慶應義塾大学41名、上智大学42名の合格で、10年以上連続で100名超の合格者数となりました。

さらに、明治大学74名、青山学院大学65名、立教大学42名、中央大学59名、法政大学48名、東京理科大学33名の合格により、こちらは10年以上連続で300名超の合格者数を数えています。

AO推薦入試においては、東北大学医学部、筑波大学医学部(医療科学)、早稲田大学創造理工学部(建築)、慶應義塾大学法学部、上智大学外国語学部(英語)などでも合格者を出すことができました。海外大学への関心も高まり、合格者数も大幅に増えました。

  2020年度合格実績はこちらをご覧ください。  

生徒・保護者の皆さんへ(5月15日更新)

更新:2020年05月15日

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

 日頃より、本校教育活動にはご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

さて、新型コロナウイルス感染症による休校措置が長期化する中で、本校としては生徒、保護者、教職員の生命の安全確保を第一に対応を重ねております。日々変化する社会状況に対応しながら、桐光学園に最適と考えられる方策を滞ることなく実施をしております。

本日5月15日は、本校の開校記念日です。改めてこれまでの対応の振り返りと今後の学校再開に向けての方向性をお知らせさせていただきます。

[桐光学園が大切にしていること]

 桐光学園は、約半世紀前に創立者の小塚光治先生が、公教育以上のハイレベルな教育の提供を志して、私塾として川崎市多摩区内で創設されました。「建学のこころ」にも述べられているように、その基本形は生徒と教師の真正面で向かい合う取り組みです。この教育手法は学校規模が大きくなるにつれてシステムは次々と刷新され、常に効果的なものに進化してきましたが、教育手法の根幹は揺らぐことなく脈々と受け継がれています。神奈川県内最大級の学校規模になった現在でも、生徒の学力伸長、希望進路の実現の根源には、生徒自身の知的好奇心を引きだし、自ら学ぶ姿勢に教職員が全面的に支援をするという理念と手法が一貫しています。校内の各所で生徒たちが自習をしたり、教員の個別指導を受けたりという光景が当たり前の日常が、桐光学園の教育手法の象徴です。盛んなクラブ活動も、安易に外部指導者に頼らず、教職員が指導者として関わり、恵まれた施設環境を十分に活用して生徒とともに活動をする形態も「師弟同行」の精神の表れです。

 この度の新型コロナウイルス禍に際しても、この桐光学園の教育理念を根源にして、数々の対策を講じています。

[学習支援について]

 3月の休校措置以来、通常授業が成立しない日々が継続しています。生徒、保護者のみなさんは、学習活動の停滞を心配されていることと思います。世の中では「オンライン授業」が注目をされていますが、見落としてはならないことは「双方向授業」と称されてはいるものの、教員の指導を生徒が受けるという受動的形態にとどまっているものが大半であるということです。桐光学園としては、生徒自身が自ら学ぶことの大切さを重視しています。課題提示方式は、時代遅れのように思われるかもしれませんが、課題に自ら取り組むことは、学力向上の原点です。これを今の状況下で教職員がどう支援するかということを模索しています。その方法手段として、オンライン技術を活用することは、学校として有効な方法であると考えています。先日のメール連絡で触れた「デジタルとアナログの融合した独自の手法」というものは、これになります。生徒のみなさんは、課題に取り組み、それをただやりこなすだけの受け身の学習ではなく、疑問点や理解できない点はオンラインを利用して、自ら質問をして解決し、理解することを心がけてください。教職員もマクロ的なオンライン授業よりも、ひとりひとりの理解を深めることに指導の重点を置きたいと考えています。

 これまでの教育活動においての10分間テストや毎月のように実施する試験、講習制度やテストフォローなども、「能動的学習姿勢」が前提となるものです。もし生徒のみなさんの中で、現在の休校生活で、しっかりとした家庭学習のリズムができてない人がいるならば、今ここを起点として自らの生活改革をしてほしいと思います。ピンチをチャンスになどと安易には言いませんが、どんなに学習環境を整えようと、自分に向上する意思と実践がなければ、結果は得られません。これはこれまで自らの目標とする進路決定を実現した先輩たちが一様に述べていることです。今こそ、自ら学び、教職員の支援を自ら積極的に求め、それを最大限に活用して自らを向上させる学習リズムの確立に努力しましょう。

[生活支援について]

 学習支援については、能動的学習姿勢を求めますが、その一方で桐光学園が「面倒見のいい学校」と称される根源には、生徒に寄り添う教員集団、保護者と協調する教員集団という、生徒を介した教員と保護者の「二人三脚」のサポート体制というものがあります。学年教員団の持ち上がり制や定期的な個人面談の実施、クラブ顧問と担任、副担任の連携、活発な保護者会活動などがその表れです。

 この休校期間が長期化する中で、学校として重点的に取り組んできたことは、生徒ひとりひとりとの直接会話です。その前段として、定期的なメール配信や現中学2年、中学1年へのサポート担当の生活指導部長からのメッセージ配布などを行い、続いて担任、副担任より電話をし、直接生徒との会話の機会をつくるようにしています。そしてこの大型連休明けからは、Google Classroomを活用したHR活動を開始しています。更に高校3年生から順次、Google Meetを利用して、双方向でのHR活動を実施する整備を進めています。これはできるだけ早期に中学校も含め、全学年に拡大したいと考えています。前述の能動的な学習姿勢の確立にも、教員の適切なアドバイスや指導が重要です。そのためにも生徒に寄り添うサポートに重点をおきたいと思います。もちろんこれには、長期化する休校期間での不安や悩み、心身の健康維持などのケアも当然含まれます。

[今後の方向性]

 生徒、保護者のみなさんが一様に心配されていることは、休校に伴う学習活動の遅れ、具体的には授業の補完についてのことと思います。この授業の補完については、学校再開後の最優先事項として、準備を進めています。まだ未確定な状況も多々あり、最終決定には至っていませんが、学校再開の時期を複数想定して、対応策を取りまとめています。

現時点で既に決定していることとして、中長期的に新型コロナウイルスに対する生徒の安全に配慮しながら、授業時数確保を図るため、6月の高校2年修学旅行、7月のサマーキャンプ、サマースクール、夏期講習ABは中止とします。同様に8月中の夏期自宅学習期間も短縮をいたします。9月の輝緑祭、10月の体育大会も今年度は取りやめます。いずれも準備期間を含め、授業時間の確保に当てます。当面は、分散登校、分散授業を行い、感染防止を図ります。また、家庭学習時間の確保とラッシュアワーを避けた下校のため、クラブ活動は当面休止し、夏期自宅学習期間の宿泊活動(合宿)は中止、日常活動も大幅に制限をいたします。この対応により、年間カリキュラムは概ね消化できる見通しです。ただし現在話題となっている「9月新学期制」の導入や更なる緊急事態宣言による自粛要請など、政府や文部科学省からの指示があれば、それに柔軟に対応いたします。

[保護者のみなさまへ]

 ご家庭との連絡をとらせていただく中で、一様に教職員がありがたく感じていますことは、保護者のみなさまが学校の状況をご理解くださり、ご協力のお言葉をかけていただけることです。未曽有のことゆえ、学校の対応が万全でない部分があるにもかかわらず、教職員とともに生徒たちを成長させていくという基本を念頭に、ご支援いただけていることは本当にありがたい限りです。

 前述のとおり、本校では、本校特有の状況下で、より良い対応の実施を常に心がけています。現状のコロナウイルスについては、絶対的な対応策はありません。本校として、多面的な検討をした上で、桐光学園独自の対応を実践してまいります。部分的にはよりよい対応があるかもしれませんが、全体像を捉えれば、最大値的に的確な方策を講じていると自負しています。これも保護者のみなさまのご支援の賜物です。今後も休校期間の対応はもとより、学校再開後も保護者のご協力がなければ学校活動は維持していけません。引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

[学校再開に向けて]

 本校では、休校期間の対応と同時に学校再開にむけた準備を進めております。再開については、段階的に実施することになります。進路決定の関わる高校3年生と新入生である中学1年生、高校1年生を先行させながら、全学年の活動再開を図ってまいります。

 学校再開時は、登校前に検温をはじめとして健康確認をお願いします。これは習慣作りのために、近日チェックシートを配布しますので、休校期間も必ず実施をお願いします。

 感染防止についても、学校として準備をいたしますが、同時にご家庭でもご協力をお願いすることになります。現時点で、具体的に次の点をお願いしたいと考えております。

まずは「マスクの着用」をお願いします。政府から学校に支給される布マスクは、まだ到着しておりませんが、学校再開時に到着していれば速やかに配布いたします。

次に「こまめな手洗い」を励行するための準備をお願いします。学校でも手洗い石鹸や除菌剤を用意しますが、休み時間などの限られた時間に共用で使用すること自体が感染のリスクを持ちます。可能な限り、個人で除菌ジェルや手洗い石鹸の準備、ハンカチやペーパータオルの持参をお願いします。

更に、飲食についても、自由な会食とはせず、教職員の指導のもとで感染リスクを低減する方法で飲食をするようにいたします。そのためには「お弁当の持参」を心がけてください。カフェテリアは、日替わり弁当を数量限定で販売する予定です。パンや飲み物の対面販売は休止し、自動販売機のみとなります。ソーシャルディスタンス確保のため、通常より時間がかかり、全員が購入できないことも想定されます。密集、密接を避けるためにもお弁当の持参をお願いいたします。

 これ以外にも、ご協力をお願いすることが今後生じることもあると思われますが、事前に準備が必要と思われることをお知らせさせていただきます。

[結びとして]

 「9月入学」など、未確定なことが多々ある状況下で、学校としても、また生徒、保護者のみなさんも、確信をもった判断や対応がなかなかできづらい状況です。本校としては、これまで述べたとおり、生徒の安全確保を第一にして、学校活動の目的を実践すべく、努力を重ねて参ります。保護者のみなさんと強い結束のもと、この状況を乗り越えていきたいと存じます。どうぞ、引き続きご協力とご支援をお願いいたします。

桐光学園中学高等学校  校 長 中 野  浩

受験生の皆さんへ

更新:2020年05月11日

6月13日(土)実施予定の『オープンスクール&クラブフェア』は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度は中止にいたします。楽しみにしていた受験生の皆さんのために、今後の収束状況をみながら、来校の機会や個別相談を検討しています。

引き続きHPの閲覧をお願いいたします。

生徒、保護者各位(5月2日更新)

更新:2020年05月02日

先日ご連絡しましたグーグル・クラスルーム利用の環境整備につきましては、ご対応をありがとうございます。連休明けより、このシステムを使用して、学習サポートの内容を、本来の授業に即したものを中心にして参ります。試験内容や成績評価の資料となるものを含みますので、より一層の取り組みをしてください。

本校といたしましては、従来の学習指導の手法を踏襲しつつ、各生徒の公平性を保ちながらICT利用を加えた形態で長期化する休校期間中のサポートを行って参ります。デジタルとアナログを融合した桐光学園に適した独自のものを展開したいと考えております。生徒、保護者のみなさんのご理解とご協力をお願いいたします。

なお、5月12日前後に、「簡易書留」で各ご家庭に個人情報を含む文書類(昨年度の成績通知表、生徒手帳など)を発送いたします。直接受領となる書簡ですので、1週間以内に受領をお願いいたします。この書簡に今年度のメール連絡システムの登録用IDはがきと登録方法の説明プリントが同封されております。案内に従って、5月12日~18日の期間に登録手続きをお願いします。18日にテストメールを配信する予定です。

この作業準備のため、現在のメール連絡システムが5月6日で運用停止となります。移行作業が終了するまで、学校からの連絡は、生徒が登録したグーグル・クラスルームを通じて行います。また引き続き学校ホームページに情報の掲載をいたします。ご不便をおかけいたしますが、ご了承ください。

今後も生徒の心身のケアを継続して参ります。引き続きご協力をお願いいたします。

学校長 中野浩

奨学金募集・補助金交付のお知らせについて

更新:2020年04月28日

保護者各位

「奨学金募集・補助金交付のお知らせ」を掲載いたしました。今年度は、各主催団体より、さまざまな変更が出ております。詳細については、該当制度のホームページにてご確認ください。

締切の期日が迫っているもの

①横浜市高等学校奨学金(5月20日学校必着。出身中学の証明書、現担任の推薦書が必要なので、お早めにお願いします)

②神奈川県高等学校育英奨学生(5月11日学校必着)

③在日韓国人・朝鮮人奨学生(インターネット受付6月4日17時締切)

④あしなが奨学金(5月20日消印有効)

⑤あしなが奨学金大学予約(6月20日消印有効)

以上については、各主催団体のホームページから必要書類をダウンロードしてください。①と②は必要事項を記入の上、申請に必要な書類と共に学校まで郵送してください。学校から一括申請いたします。③④⑤は直接ご自身で申請してください。

⑥東京都育英資金奨学生については、申請の旨を学校までご連絡ください。申請用紙を送りますので、必要事項を記入の上、申請に必要な書類と共に学校まで返送してください。5月20日学校必着とします。

「奨学金募集・補助金交付のお知らせ」は以下をクリックしてください  syougakukin.jpg 

新型コロナウイルス感染症の対応について(4/24更新)

更新:2020年04月24日

生徒、保護者各位

 現在の新型コロナウイルス感染症に関する社会情勢を勘案し、広域から公共交通機関を利用して通学する本校においては、5月7日より学校を再開することは適当ではないと判断し、5月末日まで休校措置を延長することといたします。

休校期間の長期化に伴い、学習および生活サポートの一層の充実を図ります。まず担任を中心とした教員とそれぞれのクラスの生徒とのコミュニケーションツールとして全校にグーグル・クラスルームの利用環境を整えます。この構築により、HR活動や学習課題の提供を定期的(計画的)に実施することが可能となります。

中学生および高校1年生の登録作業は、授業料等口座振替のお知らせとともに送付した「Googleアカウントと初期パスワード」を使用します。具体的な方法は、週明けに、別途学年ごとにメール連絡をしますので、手順案内に従ってください。

なお、このシステムを整えたのち、ゴールデンウイーク明けに、現在運用しているメール連絡システムを一時停止して、今年度(新学年・新クラス)のメール連絡システムへの移行作業を予定しています。順次、ご対応のご案内をいたしますので、ご協力をお願いいたします。

 また、休校期間中の授業については、夏期自宅学習期間の短縮、各種学校行事の中止、組み替えを行い、代替授業の確保を図ります。詳細は、決定しだいお知らせをいたします。今後の社会情勢により、更なる変更もあり得ますので、その際は改めてご連絡をいたします。

学校長 中野浩

【校長メッセージ】新入生・在校生の皆さんへ

更新:2020年04月15日

新入生・在校生の皆さんへ

校長 中野 浩

新入生の皆さん、桐光学園へのご入学おめでとうございます。在校生の皆さん、進級おめでとうございます。

 本来であれば、皆さんを前にして、その姿を見ながらお祝いの言葉を伝え、保護者、教職員とともに皆さんの入学・進級を祝いたかった、これが今の偽らざる気持ちです。ご存知のように、新型コロナウイルスによる感染症がまたたく間に拡大し、ついに国による緊急事態宣言が発令されるに至るまでとなりました。新型コロナウイルスという見えない敵を相手に世界中でさまざまな混乱がでていることもご承知の通りです。

 本校でも政府による一斉休校の要請を受けて以来、対応に追われる日々が続いています。見えない敵だからこそ、完全な対応や対策がないのが実情ですが、生徒・教職員の健康、命を守るために必要なことは何かということを常に念頭に置き、その都度の対応をとっています。皆さんも不要不急の外出を避ける等、これまでの生活を制約しなければならない日々が重なり、先行きの不安からストレスもたまっていることと思います。ただ、現状の新型コロナウイルス感染症の拡大を目の当たりにして、今しばらくこれまでの生活を続けざるを得ないと思います。一人ひとりが、今、自分にできることをする、不要不急の外出を控えたり、自宅での有効な時間の過ごし方を考え、実行することをあらためてお願いします。いちばん大事なことは、皆さんが自分で自分の命を守ることです。そのことが自分の命を守るだけでなく、皆さんにとって大切な存在、家族や友人たちの命を守ることにつながるはずです。自分勝手な考えや行動は、自分だけではなく自分にとってかけがえのない存在をも脅かすことを肝に銘じて生活を送ってほしいと願っています。これからの状況次第ですが、現状では5月6日(水)まで休校とする予定です。早く学校に行きたい、早くみんなと会いたいと思っている生徒も多いと思います。その思いを実現させられないことに対して重く責任を受け止めています。一日も早い学校再開を祈るばかりです。学校再開の際は、皆さん、ご家族の方々、教職員、すべての人が健康で明るく迎えられることを共通の目標にしてお互いがんばりましょう。

 まずは自分の命を守る、そして大切な人の命を守る、このことを強く祈念して、私の挨拶とさせていただきます。

新型コロナウイルス感染症の対応について(4/15更新)

更新:2020年04月15日

生徒 保護者各位

5月6日(水)までの休校措置に伴う、連絡事項が3点あります。

【1】4月9日(木)にご連絡した教科書類の配送は、学年ごとに順次発送を進めています。来週始めには各ご家庭に到着する予定です。配送状況や内容物の補足説明がある場合は、学年ごとに別途メール連絡をいたします。

【2】今年度第1回の実用英語技能検定(英検)の学校での実施は見送ることになりました。受検の必要がある生徒は書店やネットを利用するなど、各自で申し込みを行ってください。(なお、第2回の学校実施については、現時点では未定です。)また昨年度第3回2次試験の結果については、受検時に各自で設定したパスワードを使ってネットで確認することができます。確認ができない場合は旧担任に問い合わせをしてください。(英語科・教務部)

【3】5月10日(日)の桐光制服リサイクルは、中止とさせていただきます。ご期待されていた方も多いかと存じますが、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。(桐光制服リサイクル委員会・総務部)

繰り返しとなりますが、ご家庭と学校との連絡は、これまで同様に旧学年のメール連絡システムを維持します。学校ホームページの定期的な閲覧もお願いします。個別の対応やご相談は新旧の担任、学年教員にご連絡ください。なお、教職員も出校制限をし、週末は学校閉鎖をしております。学校事務業務も平日9:00~13:00とさせていただいておりますことを、ご了承ください。

校長 中野浩

中学1年生の皆さんへ

更新:2020年04月14日

中学1年生の皆さんへ

 授業開始までの期間の学習補助のため、配送した教科書・副教材と共に「自宅学習でやっておいてほしいこと」を同封しました。加えてGoogleドライブ上に各教科からファイルを随時配信いたします。利用方法についてはメールにて連絡いたしました。メールが届いていない場合は問い合わせ先(info@toko.ed.jp)までご連絡ください。

新中学2年生・3年生の皆さんへ

更新:2020年04月09日

新中学2年生・3年生の皆さんへ

授業再開までの期間の学習補助のため,Google ドライブ上に各教科からファイルを随時配信致します。こちらを利用して,予習,復習に励んで欲しいと思います。利用方法についてはメールにて連絡いたしました。メールが届いていない場合には問い合わせ先(info@toko.ed.jp)までご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症の対応について(4/1更新)

更新:2020年04月01日

在校生、保護者各位

 新型コロナウイルス感染症に伴う社会状況を踏まえ、休校措置を4月12日(日)まで延長します。13日以降、次のとおり学年別の登校日を設定して、年度末に行えなかった事柄と年度初めの準備をいたします。

4月13日(月)10:00~12:00 新高校3年生登校日
4月14日(火)10:00~12:00 新中学3年生登校日
4月15日(水)10:00~12:00 新高校2年生登校日
4月16日(木)10:00~12:00 新中学2年生登校日
4月17日(金)高等学校入学式・中学校入学式

 登校日には、教科書・副教材を配布しますので、大きめのバッグを用意してください。ただし、キャリーケースは避けてください。

 新年度の生活開始にあたり、期待とともに不安もある中、更にこのような状況に不安が増すところではありますが、学園として授業再開後のサポートを整えて参ります。詳細は随時お知らせいたします。

 学習については、文部科学省HP「子供の学び応援サイト」に各団体から、各教科の学習素材が提供されていますので、ご活用ください。

 なお、今後の連絡は、旧学年のメール連絡網システムを延長して運用します。社会状況により、期間の再延長や短縮もあり得ますので、引き続き定期的な本校ホームページの閲覧により、情報確認のご協力をお願いします。
※次回の更新は、4月10日(金)を予定しています。

学校長 中野浩

冬期自宅学習期間中の事務窓口受付時間について

更新:2019年12月18日

冬期自宅学習期間[ 12月22日(日)~1月5日(日) ]の事務窓口受付時間は、
下記の通りとなります。

12月22日(日) ~ 27日(金)  9:00~16:00
12月28日(土) ~ 1月3日(金) 閉室
1月 4日(土)        9:00~13:00
1月 5日(日)        9:00~16:00

※閉室中は、証明書や学割等の発行が出来なくなりますので、ご了承ください。

体育大会

更新:2019年10月21日

 10月21日(月)、高校生はメイングラウンドで、中学生は野球場で体育大会を行いました。クラスの優勝を目指して精一杯の力を出し切り、それぞれの結果に満足した1日になりました。

 保護者の方をはじめ、多くの方に観覧していただき、誠にありがとうございました。

  • taiikutaikai19-01.JPG
  • taiikutaikai19-02.JPG
  • taiikutaikai19-03.JPG
  • taiikutaikai19-04.JPG
<結果2019年>男子女子
1位2位3位1位2位
中学1年 F組 E組 D組 J組 I組
中学2年 D組 F組 E組 I組 G組
中学3年 F組 D組 E組 J組 G組
高校1年 10組 2組 8組 14組 16組
高校2年 9組 4組 1組,10組 12組 11・13組
高校3年 9組 10組 4組 15組 14組

第36回輝緑祭が開催されました。

更新:2019年09月22日

 9月22日(日)に第36回輝緑祭が行われました。今年も約1万5000人もの大勢のお客様にご来場いただき、例年以上の盛り上がりをみせました。ご来場いただいた皆様に御礼申し上げます。
 文化祭実行委員長を先頭に、実行委員・生徒会・一般生徒が輝緑祭を成功させようという強い意志を持って取り組んだ成果が現れたものと思います。
 輝緑祭は、桐光学園を知っていただくまたとない機会です。今年はご来場いただけなかった皆様も、来年は是非ご参観くださいますよう、お願い申し上げます。

kiryokusai19-01.JPG kiryokusai19-02.JPG kiryokusai19-03.JPG kiryokusai19-04.JPG kiryokusai19-05.JPG

輝緑祭(文化祭)での各クラスの催し物一覧を掲載します。

更新:2019年09月12日

9月22日(日)に行われる輝緑祭(文化祭)での各クラスの催し物一覧 

kiryokusaitaimutable.jpg  

kiryokusai19-01.jpg

kiryokusai19-02.jpg

kiryokusai19-03.jpg

第36回輝緑祭(文化祭)を開催いたします。

更新:2019年09月05日

第36回輝緑祭(文化祭)を9月22日(日) 9:30~15:30の日程で開催いたします。

※入試相談コーナーもございます。
皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しください。  

kiryokusai19-top.jpg
kiryokusai19-01.jpg schoolguideo3.jpg

高校水泳部全国大会の結果です。

更新:2019年09月04日

令和元年8月17日~20日 熊本で全国大会が行われ、団体3種目、個人5種目に出場致しました。出場者と結果は下記の通りです。

100M平泳ぎ  優勝  山尾 隼人 神奈川県高校新記録樹立
100M平泳ぎ  9位  小嶋 壮
        16位  小泉 龍馬 
200M平泳ぎ 準優勝  山尾 隼人
200M背泳ぎ  41位 山畑 洋海
    swimming19-01.jpg swimming19-02.JPG swimming19-03.JPG swimming19-04.JPG 全国大会は、今年で24年連続出場となり、これまでの優勝者は下記の3名となります。
平成15年(2003年)長崎総体  200M個人メドレー 中村 俊介、
平成18年(2006年)大阪総体  200Mバタフライ  前田 健輔、
令和 元年(2019年)南部九州総体100M平泳ぎ    山尾 隼人

 保護者をはじめ、応援して下さった皆様方のおかげだと選手・スタッフ一同感謝しております。
今後も、さらなる好成績を目指して頑張りますので、応援よろしくお願い致します。

「カナダホームステイと英語研修プログラム」が現地の地元紙に取り上げられました。

更新:2019年08月31日

桐光学園には世界の最前線での活躍を見据え、さまざまな国際理解プログラムを整備しています。この夏も「カナダホームステイと英語研修」、「イートンカレッジサマースクール」、「オーストラリア/ニュージランドターム留学」、「TOKO English Immersion School」(山梨県富士吉田市)、「English Summer Workshop」(校内)などが実施されました。

とりわけ、本校のホームステイのプログラムは40年近い歴史があります。本年の「カナダホームステイと英語研修」では、farewell ceremony(送別会)において、地元の市長が駆けつけ、ホームステイに参加した生徒のインタビューが、地元紙「The Airdrie Echo」に掲載されました。

USB-0015.jpg

高校サッカー部 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)優勝!!

更新:2019年08月01日

高校サッカー部は全国高等学校総合体育大会(インターハイ)決勝戦で富山第一高校に勝利し、初の全国優勝を果たしました。

選手の栄誉と健闘を讃えるとともに、ご支援、ご声援に感謝申し上げます。

soccer-ih19.JPG

英・名門イートン校と桐光学園高等学校のラグビー交流

更新:2019年07月10日

英・名門イートン校と桐光学園高等学校のラグビー交流、

74日に開催しました。

~スポーツを通した国際交流~

桐光学園高等学校ラグビー部(監督:池永一裕)は、昨年10月世界屈指の名門校である英国イートン校サッカーチームとのスポーツ交流に引き続き、同校のラグビーチームと、7月4日(木)に親善試合を行いました。

2008年夏、本校のサッカー部とイートン校のサッカーチームが親善試合を実施し、ホームステイを受け入れたことから交流が始まりました。その後、毎年イートン校でのサマースクールへの参加という機会を得ています。

当日は、交流試合に先立ってイートン校の選手に柔道・剣道・空手・茶道など、本校各部の生徒たちが日本文化体験の場を提供しました。

昼食後は、本校創立40周年記念事業で完成した、全面人工芝のサッカー場をラグビー場として整え、25分ハーフ×2試合を行いました。恵まれた体格を活かしたイートン校ラグビー部の選手は、とりわけパス回しやランが速く、本校ラグビー部の選手も懸命に応戦しました。イートン校ラグビー部の実力は、日本でいえば、花園(高校ラグビーの全国大会)に出場するレヴェルの強豪校に相当するとのことです。

また試合後には親睦会も行い、両校の交流をさらに発展させることを約束しました。

eton01.JPG

eton02.JPGeton03.jpg

演劇部が平田オリザさんのワークショップに参加しました。

更新:2019年07月06日

桐光学園には、「大学訪問授業」というプログラムがあります。
様々な分野の第一線で活躍される大学教授や研究者、芸術家などを招聘して、年20程度の講演が行われます。
高校演劇部は、めぐろパーシモンホールで行われた、演出家平田オリザさんのワークショップに参加しました。
平田年オリザさんは2015年の「大学訪問授業」の講師を務めてくださいました。
この平田オリザさんのワークショップは、毎年高倍率の抽選となる企画ですが、ビックチャンスを得て、7時間びっちり演劇指導を受けることができました。
この成果が秋の大会や公演で発揮されることと思います。ご期待ください。

engeki19.jpg

第57回神奈川県高校総体 兼 全国高校総体(インターハイ)県予選会

更新:2019年06月27日

令和最初のインターハイに向けて、各クラブが活躍

ご声援ありがとうございました。

第57回神奈川県高校総体 兼 全国高校総体(インターハイ)県予選会において

祝 男子バスケットボール部 優勝 (3連覇・5年連続インターハイ出場)

祝 男子サッカー部 優勝(2年連続インターハイ出場)

祝 男子剣道部 準優勝

祝 水泳部 男子200m平泳ぎ 山尾隼人  優勝(大会新)

               小泉 龍馬 第2位

      男子100m平泳ぎ 山尾隼人  優勝(大会新)

               小嶋 壮  第3位

      男子400mメドレーリレー   第3位

soutai.jpg

引き続き、応援よろしくお願いします。

第57回 神奈川県高等学校総合体育大会 兼 全国高等学校総合体育大会サッカー大会神奈川県予選 優勝

更新:2019年06月24日

第57回 神奈川県高等学校総合体育大会 兼 全国高等学校総合体育大会サッカー大会 

において優勝いたしました。

たくさんのご声援ありがとうございました。

soccer19inter01.jpg

soccer19inter02.jpg

soccer19inter03.jpgsoccer19inter04.jpg

2019オープンスクールを開催いたしました

更新:2019年06月15日

6月15日(土) 小学生および保護者を対象とした中学校オープンスクールを開催しました。

授業体験とクラブ体験,ステージなどでのクラブ紹介により、桐光学園をより深く知っていただけたかと思います。大雨の中、1300人を超える多くの方々に御来校いただき、ありがとうございました。

授業体験・クラブ体験にはたくさんのお申し込みをいただき、感謝申し上げます。満席となってしまい、残念ながら授業体験・クラブ体験をお申込みになれなかった方もいらっしゃったかと思います。また、せっかくお申込みいただきましたが雨天のため中止となる講座もありました。ご期待に沿えず誠に申し訳ございませんでした。

オープンスクールを機に、さらに本校について興味を持っていただけた皆様には、是非、学校説明会へも足をお運びいただければと思います。

openschool19-04.JPGopenschool19-05.JPGopenschool19-02.JPGopenschool19-01.JPGopenschool19-03.JPGopenschool19-06.JPG